×
テクノロジー別タグ
産業別タグ
イベント

X-Techについて

AIとは

AI(人口知能)の現状


AI(人工知能)とデジタルサービス開発の関係性は強く、耳にタコができるほどあちらこちらでAIの重要性が騒がれ、ITの会社にお努めの皆さんは若干食傷気味だと思います。

1980年代より、AI(人工知能)は数度のハイプサイクルを超え、これからの数年で一気に実用化しすると言われています。この背景にはもちろん半導体の性能の向上と、十分な低価格化があります。

AI(人工知能)はIT以外の産業においても、事業のあり方そのものを変化させるほどの破壊力がありますので、多くの大企業でもデータの保有量において優位性がある段階で、一日も早くデジタルを活用したサービス化に舵をきるべく(デジタルトランスフォーメーション)、社運をかけてさまざまな取り組みが行われています。
 

AI(人口知能)のカオスマップ

AIは適用範囲の最も多いテクノロジーと言えます。旧態依然とした産業だけでなく、ここ最近になって生まれた産業でも新たな可能性を拓いています。

 

人工知能ニュースメディア AINOW

 

AI(人口知能)の有識者

AI Developerの石井様が作成された、Google Documentがとても良くまとまっており、AIについて理解を深めたい人は是非一読する価値が有ると思います。

Google Documentへ

 

AI(人口知能)の未来予測

人工知能は第三次のブームと言われています。これまでのAIは適用範囲の狭さと学習の手間がかかる存在であったため、多くのビジネス(特にスタートアップ領域)で活用されることはありませんでした。それが、ディープラーニングという技術革新と、大量に生まれ続けるデータによってブレイクスルーを起こしたのが現在の人工知能第三次ブームの正体です。 今後は、今の人工知能の適用範囲の広さゆえに様々な領域での活用が増えていくことでしょう。特にチャットボットのようなコミュニケーションや、多種多様で大量のデータの分析への適用は加速します。一方で「人工知能」そのもののブレイクスルーの可能性もあります。ディープラーニングによって人工知能が大きく進化したように、新たな仕組みによって人工知能が次の段階に進むこともあり得るでしょう。

 

本資料に記載された意見や予測などは資料作成時点での当社の判断であり、その情報の正確性を保証するものではありません。正確ではない情報に関するご指摘は大変お手数をおかけしますが、info [@] blndd.jpまでお寄せくださいませ。