×
テクノロジー別タグ
産業別タグ
イベント

X-Techについて

宇宙とは

宇宙というフロンティアは、いつの時代も人類に夢を与え、挑戦を駆り立ててきました。かつてロマンの対象であった宇宙がビジネスの対象となったのはつい最近のことです。テクノロジーの進歩によって衛星の製造やロケットの打ち上げにかかるコストが大幅に下がっており、様々な企業が「宇宙ビジネス」という新たなチャレンジを始めています。 代表的なものは通信衛星・測位衛星の活用ですが、これらは大手通信会社や国家が以前から展開している事業なので、特段新しいものではありません。注目すべきスタートアップやベンチャー企業がこぞって参入しているのはセンサリングの領域です。人工衛星からの画像データを収集し、販売もしくは分析する事業です。宇宙から海洋の画像を取得して漁業や養殖を最適化したり、コンテナの数を数えることで石油の採掘量の推移をモニタリングすることができます。

宇宙ビジネスが活況なアメリカの状況をまずは見てみよう。既に様々な分野で事業が展開されていることが分かります。

出典:ITmedia

JAXA産業連携センターでは、「宇宙産業強化に向けた連携事業」「宇宙航空産業の裾野拡大に向けた連携事業」の2つの方針を掲げて取り組んでいる。

出典:産学官連携ジャーナル

アメリカと比較して出遅れた日本。国内宇宙産業の規模は約1/17、従事者数は1/9とどちらも大きく溝を開けられている。しかし、JAXAとの連携を通じて民間企業の参入や事業規模が拡大すれば、民間需要によって成長する可能性も大いにあります。また、日本には精密なモノづくりにおいてアドバンテージがあります。いわゆる「下町ロケット」的に安価なロケットを民間に委託するなど、産学官の連携が実現できれば、日本の宇宙産業は大きなポテンシャルを発揮する可能性があります。

既に様々な宇宙ビジネスが展開されていますが、今後更なる発展が見込まれています。例えば宇宙旅行も観光業として伸びる可能性があります。他にもデブリ除去、宇宙太陽光発電、宇宙葬、人工流れ星など、様々な宇宙ビジネスが生まれてくるはずです。火星への移住もビジネスになる日が来るかもしれません。宇宙はビジネスにおいてもフロンティアであり続けることでしょう。

本資料に記載された意見や予測などは資料作成時点での当社の判断であり、その情報の正確性を保証するものではありません。正確ではない情報に関するご指摘は大変お手数をおかけしますが、info [@] blndd.jpまでお寄せくださいませ。